専門学校の選び方について

警察官になるために人によっては独学で試験に合格しようと思っている人もいるかと思いますが、基本的にそれほど簡単な試験ではないので独学でスムーズに合格するのは難しいと言われています。できる限り早く警察官として働きたい人は専門的に学べる専門学校に進学するのがいいでしょう。しかし、専門学校といってもそれぞれ異なる部分があるので、ここでは選び方について話します。

まず1つ目に大切なのがサポート内容が充実しているかどうかをチェックしましょう。例えば筆記試験の対策のみならず、面接対策や論文対策など様々な面でサポートをしてくれるかどうかは重要です。サポート面は専門学校によって異なるので合格に近づけるためにも、事前に情報を収集して、様々なサポートを行ってくれる専門学校を選ぶようにしましょう。

また2つ目は学費などもチェックしておきましょう。専門学校に通うためには学費が必要になりますが、学費に関してもそれぞれ専門学校によって異なります。卒業することができなければせっかく入学をしても意味がないので、通うことができる学費設定かどうかをチェックしてから入学を検討するといいでしょう。

このように選び方も重要になるので、こだわって選択するといいです。

警察官のやりがい

公務員の中で警察官として働いている人たちはたくさんいます。公務員の中でも人気の高い職種になりますが、これから目指そうと思っている人の中にはやりがいについて知りたいと思っている方もいるのではないでしょうか。ここではやりがいとは何か知りたい方のためにも具体的に紹介します。

まず1つ目は社会の秩序と安全を守れることです。警察官は犯罪の捜査や交通違反の取り締まり、パトロールなど様々な業務を行って社会の秩序や安全、そして人の命を守る仕事です。世の中には無くてはならない存在で国民にも必要とされ続ける仕事なのでやりがいがあります。

また、2つ目は幅広い業務に携わることができるというのもやりがいにつながります。警察官は交番というイメージが強い方も多いかと思いますが、その他にも様々な業務があり、例えば詐欺などから守るための捜査をしている警察官もいれば盗犯捜査などをする警察官もいます。色々な警察官ならではの業務に携わることができるのはやりがいがあります。

このように、2つのやりがいについて説明をしましたが、特に国民の安全を守れる仕事は警察官しかないので、安全な国を作るための仕事がしたいと思っている人は警察官への就職を検討するといいでしょう。

専門学校に入学するか大学に入学するか

警察官は高卒からでも専門卒、大卒でもなることが可能です。その中でも専門学校に入学するか大学に入学するかは悩む方が多いと言われています。実際にどちらにもメリットが存在しているので、どちらを選択しようか迷っているという人たちのためにもここでは両方のメリットについて話します。

まず初めに大学のメリットについて話しますが、大学は4年間という比較的長い時間をかけて公務員試験に合格するための勉強をすることができますし、それ以外の学問も学ぶことが可能です。例えば絶対に警察官になりたいというわけではなく、他のことも勉強したいと思っているなら大学への入学を検討した方がいいでしょう。

続いて専門学校のメリットについて話しますが、専門学校は大学とは違い2年間という短い時間で公務員採用試験に関係することだけを学ぶことが可能です。他の勉強をすることはなく、公務員の試験に合格するための勉強を短い時間で詰めるので、大卒よりも早く警察官として活躍することができます。また、学校に通う周りの人たちも警察官などを目指している人ばかりが入学するので、モチベーションも保ちやすいという魅力もあります。

このように、どちらにもメリットがあるので、比較しながら検討するといいでしょう。

専門学校に入学して警察官になろう

将来的に警察官になりたいけどどうすれば警察官として働くことができるのだろうと思っている方も多いのではないでしょうか。まずは警察官になるための方法について知っておいた方がいいので、ここでは警察官になるためには何が必要かについて紹介します。

まず知っておかなければならないこととしては、公務員試験に合格をしなければならないということです。警察官は一般企業のように面接をするだけで合格できるものではありません。警察官になるためには公務員試験に合格しなければ働くことができません。例えば地方公務員になりたい場合は都道府県で実施している採用試験を受験し合格する必要があります。具体的に説明すると東京都の警察官になりたい場合は東京都の採用試験に合格しなければ東京都の警察官になることはできません

中には採用試験は簡単じゃないのと思っている人がいますが、それなりに難易度は高いので簡単には合格することができないと考えて、勉強する必要があります。また、採用試験を受けるには条件もあるので注意が必要です。例えば一部分だけ紹介すると男性は身長が160センチ以上必要ですし、体重や視力、聴力なども支障がないか見られ、身体要件に合格することができないとそもそも採用試験を受けることができません。

このように、色々な条件が存在していますし、さらに試験に合格しなと警察官になることができないので、警察官になるのは大変です。しかし、近年では専門学校などで警察官になるための勉強を中心に行っているところもあります。専門学校などを活用することで合格できる確率も上げることができます。